カテゴリー
ドローン

DJI Mavic 3に搭載されていると噂のハッセルブラッドブランド

DJIの今年の最も重要なリリースは、5.6Kカメラを搭載した「DJI Air 2S」で、現在のフラッグシップモデルである「Mavic 2 Pro」に比べてより高解像度のビデオをサポートしていますが、完全な障害物回避機能はありません。

そのため、DJIは何かを隠している可能性が高いと思われます。私たちは、DJI Globalからリフレッシュされたフラッシュシップ・ドローンを期待しています。🙂

多くのニュースメディアが、デュアルカメラを搭載したDJI Mavic 3のリーク情報を掲載しています(下の写真)。

イメージソース @DealsDrone via WeChat

テックアドバイザーがリークしたテックスペック (ソース)

  • ドローンの隅に移動した広角センサーによる障害物回避機能の強化
  • 2つのレンズ(1つは7倍ズーム)を搭載した新しいカメラモジュール - ハッセルブラッドとの新たなコラボレーション
  • もう1本のレンズは、24mmでF/2.8の口径(16mmのアダプターリング付き)。
  • 5.7Kビデオを撮影、おそらくApple ProResで撮影
  • 大容量バッテリーで40分間の飛行が可能に
  • DJI Air 2S ラジオシステム
  • DJI Mini 2のようなもの。バッテリーは背面から挿入される
  • 1TBまたは2TBのストレージ
  • 当初、DJIは2021年10月の発売を予定していました。

噂では、ProとZoomの2つのモデルが開発されているのではないかと言われています。また、2つの異なるセンサーを使用するのではなく、センサーを2つのレンズに使用できるように内部にミラーを備えているかもしれません。

この新しい回避システムによって自律飛行が可能になるという意見もあれば、DJIはMiniやAirと同様にMavicのブランドをやめるのではないかという意見もあります。

先月、ブラジルのYouTuberによってリークされたDJI Mavic 3ですが、すでに前を向く時期になっています。同社はOsmo Mobile 5を発売しており、前作よりも軽量化されていますが、バッテリー駆動時間は短くなっています。

Air 2Sには5.6Kビデオが搭載されているので、DJIが次に発表するものは、8Kの解像度と障害物回避センサーを完備したものを期待しています。

これまでのドローンは、大きさは違ってもほとんど同じものでした。ここでは、もう少し未来的なものがあり、このデュアルカメラは非常に興味深いものです。光学7倍ズームは、壮大で甘いドリーズームにはとても有効でしょう。

あなたはどう思いますか?今年の後半には、アップグレードされたフラッグシップモデルのMavicドローンが登場するでしょうか?以下にコメントをお願いします。