カテゴリー
ドローン

災害対策にドローンを活用。テクノロジーが可能にすること

災害対策にドローンを活用するメリット。ドローンのカメラは、瞬時に強力な情報を提供し、撮影した動画や画像は、大規模な洪水や森林火災の全容など、現場の人間が知りたい情報を提供することができます。現場の人間が簡単に判断できなかったことを。

しかし、災害対策におけるドローンの活用は、自律型の小型機を上空に送り込み、長時間にわたって映像データを提供することが最大のポイントです。

動画を見ると、災害対策でのドローン利用は増えているようです。しかし、災害対応にドローンが使われるのは比較的新しい現象ですが、もっとよく知られていて、すでに活発に使われている人道支援や災害対応のためのドローンの利用があります。この記事では、災害対応に焦点を当てます。具体的には、ドローンを使って悲惨な状況を撮影し、地元のコミュニティに情報を伝え、こうした悲劇的な出来事の削減をさらに進めるために、どのような方法があるのかを説明します。

ウィスコンシン州ポーテージの洪水

拡大するトレンド。災害対応にドローンを活用

米国国土安全保障省(DHS)内の国土安全保障研究所(Institute for Homeland Security)による研究では、災害対応者によるドローンの使用は、災害後の人命を救い、コストを削減すると結論づけています。研究者は、2011年にニュージャージー州で発生したハリケーン「サンディ」の暴風雨から、2012年にカリフォルニア州で発生した山火事、2014年にテキサス州で発生したハリケーンと洪水まで、過去10年間に発生した自然災害や人災に対する26件の緊急対応を検証しました。報告書に含まれる調査結果の中で

  • レスポンダーの安全性今回の調査では、ドローンの総飛行回数100回のうち、人身事故や死亡事故の危険性があることがわかっている状態での飛行はわずか2回であり、災害対応時のドローン使用は対応者にとって安全であることがわかりました。これは、ドローンが通常、日中、屋外、低空飛行で、潜在的に危険な構造物から離れた場所で飛行しているためです。
  • コスト削減。報告書では、災害対応コストのうち、追加の対応者を雇用し、その旅費や訓練費を支払うことで、最大1,150万ドルの節約が可能と試算しています。
  • 緊急対応1時間あたりのコスト削減効果。本調査では、無人航空機システム(UAS)を1時間使用するごとに、災害対応コストを17〜10万ドル削減できる可能性があるとしています。
  • 対応者の命に対するコスト削減。レスポンダーがドローンを1時間使用するごとに、災害対応コストを2万ドル–50万ドル削減できる可能性がある。

災害対応の準備に関して言えば、ドローンは嵐の進路を予測するためのデータ収集に使われています。また、被災地で救助活動を行っている隊員に、ドローンから情報を送ることもできます。2010年にルイジアナ州で発生した洪水では、ドローンを使って水の流れを追跡し、その方向を知ることができました。

2012年のサンディでは、ドローンを使って嵐の被害状況を監視し、被災者の位置を確認し、救助活動を行いました。

ウィスコンシン州モンテロの洪水

災害対応にドローンを使用するメリット。ドローンを使用することで、追跡やマッピングが容易になり、リアルタイムのマッピングや早期警報での対応が可能になります。また、行動の必要性を迅速に認識できるため、より安全な作業が可能になります。

また、多くのドローンには赤外線カメラが搭載されており、他の方法では見えなかった人の存在を確認することができます。

また、ドローンは空撮にも適しています。ドローンは遠隔地に到達するための費用対効果の高い手段でもあります。また、ドローンは効率的な派遣を可能にし、過酷な天候下でも使用でき、誰でも使用することができます。

サーマルドローンは、救急隊員を派遣する代わりに、エリアをスキャンして地上のホットスポットを見つけ出すことができるため、緊急対応には欠かせません。また、ズームカメラや赤外線カメラと併用することで、視界の悪い場所でも人を発見することができます。

ドローンを使うことで、より迅速な意思決定に役立つ情報を収集することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です